右手にピストルを左手にタンバリンを

札幌の劇団「yhs」に所属する櫻井保一のブログ

【次回出演】ローリング・ストーン

※こちらの記事は公演終了までブログトップにあります。

 

直近の出演情報です。

 

教育文化会館主催の<子ども演劇ワークショップ発表公演>に出演します。

昨年はソーントン・ワイルダーのわが町に子どもたちと一緒に挑みましたが、今回は日本人劇作家です。しかも現役バリバリの。

 

今回子どもたちと挑むのは、

 

野田秀樹 !!

 

教育文化会館主催<子ども演劇ワークショップ発表公演>

 

「ローリング・ストーン」

 

作:野田秀樹

演出:南参(yhs)

 

石の塔が立つとある国境……。

そこで起きて戦争と愛に振り回される人々と石たちの記憶を巡る

かつてない物語に27名が挑む!!

 

出演

相田佳璃奈 和泉咲良 川原一香李 神谷瞭介 河野永奈 今野笑凪 進藤優衣 杉山京楓 鈴木ひかる 塚田そら 恒光美桜 西塚ひかり 長澤二瑚 長澤瑚々 藤井凰治 藤井貴才姫 松原琴音 宮島悠滋 山崎夏耶 山本陽加(ワークショップ参加者20名)

櫻井保一(yhs) 最上怜香(yhs) 小林エレキ(yhs) 青木玖璃子(yhs) 佐藤杜花(yhs) 曽我夕子(yhs) 宮本暁世(yhs) 梅原たくと(ELEVEN NINES)

 

日時

2018/3/25 (日) 開場13:00 開演13:30

 

会場

札幌市教育文化会館 小ホール

 

料金

一般1,500円 中学生以下1,000円

 

チケット予約

ticket.corich.jp

 

公式サイト

www.kyobun.org

 

 

 

ほい。

というわけで、ご興味あればよろしくお願いします。

 

ひさしぶりな子も、はじめましてな子もいる中でおじさんハッスルしています。彼らは本当に吸収がはやくて驚きます。俺なんて昨夜の記憶すらないのに。

 

鋭意創作中です。実は割と出演します。

 

年度末のお忙しい時期ですが、ぜひぜひー。

戯言のマーチ

なかなか、稽古がないときも仕事やら公演準備やら飲酒やらで休まらない日々ですが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。ぜんぜん暖かくならないじゃないですか北の国。マジ卍ライン。タミフル飲んで南の国へアイキャンフライですわ。

 

あ、ブログトップに「ローリング・ストーン」の情報載せました。3/25の1ステージのみ、よろしくね。

 

とまあ、あんまり、ブログ書こう!ってタイミングもなかったし、ないだろうなと思っていたので、日常でふとしたときにテキトーにメモったものを、以下に載せていくという、手段を、とるぜ↓↓↓

 

 

 

 

イヤホンしたまま寝ちゃって、目覚めたときうるさくて、思わずぶん投げたら断線した。イヤホン側からしたら理不尽この上ない行いであり、大変申し訳なく思う。

 

同い年が4人もいて、なんか珍しかった。みんなしっかり戦っていてすごい。1人は明日本番だけど。俺も、戦えているだろうか。あと、ムスカとマスオさんと俺らは同い年らしい。マジかい。

 

レッドアイってすごく体に良い飲み物だと思ってたけど、別にそんなことないらしい。酒だから、らしい。確かに。

 

ババンギダ!

 

最近よく、舞台を観にきてくれた人から声を褒められるんだけど、普段は蚊の羽音みたいな声で過ごしてるのは内緒。今日は「お疲れ様です」「はい」「変更なしです」しか発してないぜ、言葉。

 

どうせ情けなく吠えるだけなら、オオカミみたく哭きなよ。小鳥みたいにピーピーさ。食われちまうよそれじゃあ。

 

ベロベロのすげえ眠い状態で乗ったタクシーで「言葉にできない」がかかってた。全然そんな気分じゃないのになんか泣けてきた。小田和正ってすげえや。運転手はハゲてたや。

 

ビーチクを業界用語っぽくチークビって言った後に気付いたそれはもうちゃんと乳首。

 

「彼女が歳食って泣いてる」って歌詞が、人間の娘と恋に落ちたヴァンパイア的な世界観でカッコイイなと思ってたら、「彼女が恋しくて泣いてる」でした。全然違いました。

 

缶ビールを持つ手が重いなあと思ってイライラした。怠惰が立派に成長している。

 

「澄みわたるコク」ってよくわかんねえな。

 

 

 

 

以上である。

全然覚えてなくて、なんだこれ?ってのもあるけど、きっと酔ってたんでしょうね。つっても大体がぼんやりとしか覚えてないな…。でも面白いっすね、こうやって並べてみると。

 

うん、あのね。

 

これ、アレだね。

 

 

 

Twitterでやればいいじゃんね(そだねー)。

 

 

では。

カレー・パンク・ストリート

職場のトイレを出るとき、個室に人いるの気付かず電気消しちゃって、中から「ファイヤッ!!」と声が聞こえてあわてて電気つけたんですけど、どこのダルシムかはわかりませんがすみませんでした。櫻井です。

 

 

本番終わりましてね、太りました

 

 

先日終えたサクラダファミリーの劇中でカレーを食べたんですが、自分はまだまだ成長期だと信じて疑わない俺(28)は毎食おかわりをしていたわけです。その結果無事成長しました、腹まわりがね。どす☆恋。

 

2ステある日は合計4杯のカレーを食べていたことになりますね。だからといって本番前に空腹なのも心配だからエネルギーになるものを採って、さらに差し入れのお菓子をモグモグいただいたわけですので、まあ見事に肥えました。強パンチ×百裂張り手でフンフンフンッ!!!

 

なので、ちょっくら食生活に気を付けて過ごします。

 

とか言いながらこないだ居酒屋でカレー食っちまったんだけど。しばらくいいやと思ってたのに、カレーって偉大だわ。インド人はすげえわ。ヨガッ!! ヨガッ!!

 

 

ストⅡやりてえなひさしぶりに

 

 

先日、時間がないからと中途半端に手をつけて放置していた町田康の短編集をやっと読み終えまして、やっぱパンクスの物事を捉える目っておもしろいですね。目方っつーか、見る角度っつーか。ムフフと笑いながら読みました。

 

とはいえ、INUとかいわゆる日本の初期パンク?は正直よく知らないんですよね。あんま聴いたことないのと、音楽そのものよりも攻撃性や暴力性が特化してる頃とか、体感してない俺にはいまいちピンとこないもので。いきなり豚の頭とか投げつけられたら、きっと変な声出ちゃうわ。タイガーアパカッ!!

 

クラッシュで好きなアルバムはコンバットロックです。そんな感じです。

 

 

こないだ詩集を買ってみたけど、なんか覚えのある言葉ばかりだなと思ったら、そりゃそうだ。その人が作った曲の詩(詞)集だもの。ただ、音なしで詞だけを読むのも、合間のコメントや絵もすごくよかったので結果オーライ。大丈夫。酔ってりゃ、ぜんぶ、新鮮だ。だらけたまま、目のあわない、犬みたいだ。

 

 

さて、息抜きの雑文おわり。やることやろー。

しかし寒いっすねえ。みなさまご自愛くだせえ。

 

では。

 

ヨガッ!!

年が明け、桜田家は解散し、

あえて言おう

 

あけましておめでとうございます

 

と。

 

ご無沙汰してます。こちらでもお知らせしていた「サクラダファミリー」が無事終演いたしました。すべての回をあわせて2100名を超えるお客様にご来場いただきました。僕は桜田家四男フユオを演じました。稽古期間も含め非常に貴重な経験をさせていただきました。このような機会を与えていただいたイレブンナインさんにはとてもとても感謝です。

 

で、ブログすっかり放置していました。年末年始を除いてずっと稽古だったもんで書く時間がなくて…っていう言い訳です。またぼちぼち更新していければいいなと思うけどもう少ししたらまた怒涛の日々なのでどうなることやら。と、予防線をはっておくマン。

 

先述のサクラダファミリーですが、いつもの現場と比べると短期集中でガガっと創作していきましたので、いざ本番を終えるとガクッと身体の力が抜ける感覚で、昨日なんかは一日中横になっていました。まあ二日酔いってのもあったんだけど。

イレブンナインのメンバーの皆さんなんて、役者のこと以外にも劇団内の仕事がある中で創作していったわけですから、本当にエネルギーのある方々だなあと尊敬します。

 

とりあえずこの先は3月、4月、6月、7月と舞台が決まっているので、もろもろの準備をしっかり進めながらも溺れないよう気を引き締めていきます。詳細も近いうちこちらに載せたいところです。

 

あとは今のうちにゆっくり飲みたい。時間がないと無理して急ぎかっくらう癖があるようなので、まったり構えながら胃にアルコールを流しこみたいですね。そういえば差し入れにビールを沢山いただきました。ありがたく、しっかりと、飲ませてもらいます。

 

本番の緊張で冷たくなった手をゆっくりほぐしながら、次に迫る緊張を睨みつつ、このさき握った拳をより固く、強く、振りぬけるように準備をしていきます。

 

では。

イレブンナイン 【サクラダファミリー】 出演!

※こちらの記事は公演終了までブログのトップにあります。いつも宣伝ばっかで申し訳ねっす。

 

直近の舞台出演情報をお届けするでおじゃる。

 

「札幌演劇シーズン2018-冬」参加作品、

イレブンナインさんの『サクラダファミリー』へ客演いたします。

 

イレブンナインさんは過去に2度、「分泌指南」シリーズでお世話になりました。今回は初めて長編への参加です。既にモリモリ稽古中でございまする。イレブンナインさんも奇人変人(褒めてますとも)の集まりですので、そんな中でもまれながらエッチラオッチラ良いモノを創っていきまっせ。

 

年明け一発目の出演作品となりまする。観劇初めの一本にぜひ!
以下詳細↓↓↓


~あらすじ~
桜田巌(サクラダイワオ)78才。戦争経験者で元ヤクザで今も命を狙われている、と自分では言っている。頑固者で横暴で、昔も今も大嫌い、と家族からは言われている。4人の息子と3人の娘がいて、全員が腹違い。6人の子供たちは独立して、現在は7人目の妻と末娘との3人暮らし。2017年の大晦日。巌は、家族全員に招集をかけ、桜田家全員が集合。そこで、巌がこれまで隠し続けていた桜田家の秘密が発覚する!桜田家の秘密とは? 巌が家族を集めた真相は!?

 

~出演者~
納谷真大/江田由紀浩/明逸人/小島達子/上總真奈/澤田未来/廣瀬詩映莉/櫻井保一(yhs)/藤本道/大和田舞/小西麻里菜(EGG)/鈴木花穂/ちーしゃみん/菊地颯平/梅原たくと/宮田桃伽/工藤沙貴/後藤七瀬/城田笑美/ヴィンセント藤田

 

~日程~
1月20日(土)18:00★
1月21日(日)14:00★/18:00
1月22日(月)19:30
1月23日(火)19:30
1月24日(水)14:00★/19:30
1月25日(木)14:00/19:30
1月26日(金)19:30
1月27日(土)14:00/18:00★
1月28日(日)14:00
★=アフタートーク予定

 

~料金~
一般 3,000円 学生 1,500円(前売・当日)
※未就学児童入場不可

 

~会場~
生活支援型文化施設 コンカリーニョ
北海道札幌市西区八軒1条西1−2(JR琴似駅直結)

 

櫻井個別のご予約ページ↓

ticket.corich.jp

 

イレブンナイン「サクラダファミリー」詳細ページ↓

演劇シーズン2018冬参加作品『サクラダファミリー』 | ELEVEN NINES


演劇シーズン公式ホームページ↓

札幌演劇シーズン

 

以上、ご報告でござんした!
2018年は個人的に怒涛の年になりそうですので、しっかりと良いスタートをきっていきたいと思います。よろしくお願いします!

 

では。

トビウオのキモチ

こないだそば屋に行ったとき、はじめてコロッケをトッピングしたんですけど、なんというか、良いですね。いつも、なんでそばのトッピングにコロッケがあるんだろうと思っていたのですが、アリです。かなりアリですよあれは。かけそばだけだと少し物足りないところにちょうどいいサイズのコロッケ、衣の油が滲んで汁にコクが生まれます。そして汁のしょっぱさとコロッケがまた絶妙に合います。元来イモ好きであるこの私、今まで食べてこなかったことを深く反省。ハマりそう、コロッケそば。

 

今度は、にしんそばを食べてみようと画策中。にしんの煮たやつがそばにドカンと乗った一品。割と近くに食える店があるらしいので。

 

そんな感じでのんびりグルメ珍道中なんかをしていきたいところなのですが、お師匠さまが全力ダッシュする時期~SHIWASU~ですので、なかなかそうもいかず。バタついた毎日でございます。

 

来年に立つ舞台の準備に追われながら、酔っぱらっている時間も多く、身体にガタがきはじめている匂いもしてきたので少しハラハラしています。ここ最近あまり良いとは言えない食生活だった反動か、昨日は大量に飯を食いました。3日分くらいのカロリーを一気に入れたもんだから、腹がいまでもギリギリした感覚です。

 

水面下でいろいろと動いている件もありまして。おもしろいことが生まれるよう、まずはそのための場所を作っているところ。初めてのことも多く視界はなかなか明るくないのですが、だからと言って泳ぐスピードを緩めはしません。いずれは水面を貫いて、飛んでる鳥も巻き込んで、空を泳ぐ魚になりましょう。

 

まずは目の前の「サクラダファミリー」、約1か月後には幕が上がるので、バキッと創っていきたいところです。

 

 

って感じの近況でござった。

 

 

ラジオからリンキンパークの「Numb」が流れてる。ライブ音源っぽい。やっぱチェスターの歌声はいいなあ。逝ったのは夏ごろだったっけ。確かクリスコーネルの誕生日だったはず。チェスターもクリスも矢継ぎ早に逝って驚いたし、ガキなのでいまだにR.I.Pと素直に言えない。大好きな人たちだけど、自分の首に縄をかける感覚は、俺はまだ知りたくないかな。

 

そういえば、28歳になったということは、カート・コバーンより長生きしたということなので、彼のように世界に名を残していないけど、俺の勝ちです。俺の価値では。

 

これからも勝ち続けるために豆腐サラダでも食っておとなしく寝ようと思いましたが、ちょうど後輩から不穏な誘いがあったので、今日もギラつくネオンの下を歩くことになりそうです。

 

いつまでも夜の海に溺れていたいとほざきながら、フラフラのからだは無意識に明日の太陽を望んで、その羽をいつまでも唸らせている。

 

 

 

不健康と金欠のダブルパンチ。かわしきれないマジ師走。

 

では。

アルコール・テキスト

年の瀬っていうのにはまだ早いのかわかりませんけど、アルコールに肝臓殺されそうな勢いなので俺の中じゃ年の瀬です。年どころか命が瀬戸際です。俺にありったけのヘパリーゼを。しじみの味噌汁でできたプールで泳がせてくれ。櫻井です。

 

忘年会シーズンってやつですな。今より若い頃はあまりピンときてなかったんですけど、やっぱり人とのつながりが増えればこういう機会も増えますね。ありがたい話です。酒好きだから喜んで飲むんですけど、朝まで飲んで昼から活動、その後また飲み会とかそんなんつづけてたらドブ色にもなりますよね、眼。

 

ほどほどに楽しんでちゃちゃっと帰れば良いんですけどいつも駄目なんですよ。もうスイッチ入ったらズブズブ飲んでしまう。でもそろそろちゃんとしないと事故にあったりしそうなので、しっかりしたいと思います。

 

 

「櫻井さんって自分のことあんま喋らないですよね?」

 

いつだったか飲んでた時にふいに言われた一言。

 

んー、まあ確かに聞かれない限り積極的に自分のことは話さないなあ、と。ただ、「みんなが楽しそうに喋ってんの見るのが好きなんだよねー」みたいなことではないです。ちなみにこう言ってるヤツはあくまで女性の方から誘われたって体で抱いてくるから気を付けましょう。健全なオスは性欲で動くので口より先に腰が動きます。偏見です。おっぱい。

 

つーか、自分を語る言葉を持っていない。面接の自己PRとかすげえ苦手だもの。ちゃんと、自分はこうだから、って言える人はすごいと思う。飄々としてる人にも憧れるけど、多分ああいう人こそ譲れないラインを持っているんだろうな。

 

指のささくれが痛いからおっきい風呂でふやけながら寝たいな

とか、

 

ジャムをたくさんぬったトーストは夜に食べたほうがおいしいな

とか、

 

ブラックを飲めるようになったって嬉しそうに君が言うから、なんだか甘いコーヒーが飲みづらいな

とか、

 

どうでもいいことばかり考えている。

 

どうでもいいこと大好きなので、別にダメとも思わないんだけどね。いずれは自分というものを意識して、足場を作るようになるんでしょうか。それもちょっと気恥ずかしいけど。

 

しばらくは地に足がつかないままな気がするので、その間くらいは高く飛んでいたいもんです。ヒマラヤを下に見ながら。バッサバッサと。

 

残っている酒のせいか、映る景色が白濁でうざったいので気分転換に適当に文章を書いたけどイマイチ回復しないし、書いてる間に開けたビールも飲まなきゃならんので、こんなもんで。

 

では。